未来を想像することが未来を創造する

未来を想像することが未来を創造する

続きを見る

メニュー
Information お知らせメニュー
  • 2017.08.08

    8月10日(木)~ 8月15日(火)まで、夏季休暇とさせていただきます。

  • 2016.06.01

    日本工学院専門学校 WEBクリエーター科 非常勤講師になりました。

Mission

区切り線

一つの発想と行動で
未来を変える

当社が創業以来ずっと大切にしてきたもの。それは発想と行動力です。

日々時代の変化に敏感に対応し、どうすればよくなるかを熟慮した上で企画を立案し、
ガムシャラに行動していくことが、明るい未来を創造すると考えています。

「発想」と「行動」によって明るい未来を創造していくことが、当社の使命です。

Method

区切り線

成果に導く
つのメソッド

  • Method1
    徹底したヒアリングによるUSP(Unique Selling Proposition)の創出と明文化詳しく見る

    世の中になかった商品やサービスではない限り、現代のような競争の激しい時代では、USP(独自のウリ)なくしては競争に勝つことは出来ません。
    ポルスジャパンでは、経営理念や沿革など様々な方向からUSPを創出し、コーポレートメッセージへと明文化をいたします。

  • Method2
    適切なターゲットユーザー戦略の構築詳しく見る

    前項で明文化したコーポレートメッセージを、誰に届けるのが最適か、潜在的ニーズ、顕在的ニーズの両面から考え、ターゲット戦略を構築いたします。

  • Method3
    ターゲットユーザーへ的確にメッセージを届けるコミュニケーション計画の立案詳しく見る

    ターゲットが決まった後は、どのような方法で、どのような流れでメッセージを届けるか、コミュニケーションフローに沿ってコミュニケーション計画を立案いたします。

  • Method4
    メッセージを明確に伝えるためのコミュニケーションツールの最適化詳しく見る

    コミュニケーション計画が決まったら、コーポレートメッセージをコミュニケーションツールへと落とし込みます。
    コミュニケーションツールは、コミュニケーションフローに沿ってWEBや紙媒体、動画など、ターゲットに合わせて選定し、作りこんでいきます。

  • Method5
    豊富なコンタクトポイントの創出詳しく見る

    あとは行動するのみです。ターゲットユーザーとあらゆる場面で接点(コンタクトポイント)を作り、コミュニケーションを図ります。

  • Method6
    実現可能な年間アクションプランの立案と実施詳しく見る

    例えば、月に100件アポイントなど、実現不可能な目標は、モチベーションを下げるだけです。
    あくまでも実現可能な行動計画を立案し、行動していきます。

  • Method7
    日々是改善詳しく見る

    毎月定例で前月の振り返りと次月の行動計画のすり合わせをすることで、日々改善し、成果を最大化していきます。

Solution

区切り線

経営課題を解決する
つのソリューション

POLS Creative Studio

区切り線

成果を出すための最適な
コミュニケーションツール

  • WEB Designing

    • コーポレートサイト企画+制作
    • サービスサイト企画+制作
    • ECサイト企画+制作
    • LP(ランディングページ)企画+制作
    • キャンペーン企画+制作
    • ebookの企画+制作
  • Graphic Designing & Illustration

    • CIデザイン
    • リーフレット企画+デザイン+制作
    • ポスター企画+デザイン+制作
    • DM企画+デザイン+制作
    • イラスト制作
    • LINEスタンプ制作
  • System Integration

    • WEBアプリケーション開発
    • 業務管理システム開発
  • Camera Work

    • ムービー撮影+編集
    • 写真撮影+編集

Recently Works

区切り線

制作物一覧はこちら

About

区切り線

POLS JAPAN, Inc.
(株式会社ポルスジャパン)

本社 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3-301地図はこちら
TEL: 03-5941-7753 FAX: 03-5941-7754
[福岡天神LABO]
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-4-12
E-mail info@pols.co.jp
URL http://www.pols.co.jp
設立 2006年6月1日
資本金 10,000,000円
役員 代表取締役 桑田 純
事業内容 ウェブサービスの企画・UX設計・UIデザイン・開発
ウェブを活用したソリューション企画・UX設計・UIデザイン・開発
コミュニケーションフローの企画・設計
コミュニケーションツールの企画・デザイン・制作
映像制作、カメラワーク
新規事業開発、起業家支援

Contact

区切り線

お電話でのお問合せ
TEL : 03-5941-7753

メールでのお問合せ

会社名/法人名(※)
ご担当者様名 (※)
ご担当者様名(フリガナ) (※)
メールアドレス (※)
メールアドレス(確認用) (※)
電話番号 (※)
お問い合わせ内容 (※)

Vision of next decade

区切り線

次の10年に向けて

Bridging the gap
日本のライフスタイルに変革をもたらす、
新たな価値の創造

ポルスジャパンは2006年の創業以来、約11年間様々な業種の企業と密接に関わってきました。 この11年間で、リーマンショックや東日本大震災など、様々なことが起こり、その都度時代は変わり、ライフスタイルも徐々に変化を遂げました。 ポルスジャパンもカメレオンのように時代に合わせて少しずつ変化をすることで生き延びてきました。

今後ポルスジャパンは、より一層品質を向上し、従来通り成果に対して貪欲に取り組んでいくと同時に、 社名の由来になっております、”Proposal of lifestyle(ライフスタイルの提案)”というミッションに立ち返り、 今までに得た知識やノウハウを元に、これまでになかったライフスタイルを提案すべく、新たなサービスを展開してまいります。

承前啓後
日本古来のライフスタイルの次世代への
継承と世界に向けた情報発信

日本人が日本人として知っておかなければいけない文化や慣習、そして次世代に伝えなければいけない伝統文化や伝統技術は、時代の変化とともに、徐々に失われつつあります。 また、世界から日本の歴史建造物や文化が注目されるのも、2020年がピークであると考えております。 あと5年以内に世界に向けて情報発信が出来なければ、間違いなく日本文化は埋もれてしまいます。 そもそも、現代の若者は、海外の方以上に日本文化や伝統を知らず、興味もありません。 日本人として生まれた以上、何としてでもこの状況は変えなければいけません。 今後ポルスジャパンは、ライフワークとして、匠による伝統工芸や日本の伝統文化、風習などの次世代への継承、及び世界に向けた情報発信のために全力で取り組んでまいります。

ページの先頭へページの先頭へ

閉じる

IT化による業務効率化

不動産管理会社の事例

お客様の課題
基本的な引き継ぎなどの業務は紙を使用しており、時々見失ってしまうという課題や、業務担当者以外のチーム全員で案件の進捗や契約の進捗を把握できていないという課題がありました。
課題解決プロセス

1.業務プロセスの洗い出し

まずは、現在行っている業務プロセスを作業レベルまで落とし込み、整理をしました。 そこで必要不可欠な業務と、あまり重要ではないが慣習化していた業務を分類しました。

2.プロセスごとのシステム化

必要なプロセスから優先的にシステム化を行い、入力チェック機能やアラート機能を実装することで、単純なミスを減らせるように工夫をしました。

3.業務だけでなく、顧客とのやり取りもIT化をすることで対応履歴の見える化を実施

業務に関連して、今まで電話やメールで行っていた顧客とのやり取りに、新たにチャットシステムを構築し、導入することで、過去の対応履歴などをすべて見えるようにしました。そうすることで顧客に関する伝達や引き継ぎに要していた時間が大幅に短縮出来ました。

4.帳票類のIT管理

最後は帳票類のシステム化を行い、見積書の管理や請求書の管理をすべてWEB上で行えるようにすることで、請求漏れなどをゼロにする工夫をしました。また、契約手続きについても、進捗をすべて見える化し、不足分などが一目で確認出来るようにしました。

5.今後の展開

今後は集まった情報を分析し、ビックデータとして活用するだけでなく、人事評価制度にも応用していくために改良していく予定です。

まとめ
業務のIT化、システム化の最大のメリットは、業務プロセスの洗い出しによる可視化だと言えます。企業は長い年月が経てば経つほど無駄な業務や作業も増えてきてしまいます。そこで、5年に一度でもすべての業務を作業レベルまで洗い出し、整理をすることで、無駄を省き、業務効率化が図れます。
また、システムがフレームワークになるため、新人教育や人材育成も時間をかけずに行えるようになります。また、進捗を全員が共有することにより、報告書が不要になり、営業活動に専念できる時間が増えるため、生産効率の最大化も図れます。
重要なことは、IT化がゴールではなく、システムを運用し、情報を収集することによる経営分析であると考えております。さらなる企業成長の為に、そして強い体質の企業造りの為に、業務効率化は第一優先課題であるとポルスジャパンは考えております。
業務を可視化し、効率化したい企業様、ヒアリングだけでも大歓迎です!
是非お気軽にご相談ください。

閉じる

新商品や新サービスの市場導入

建築現場監視カメラの事例

立ち上げからわずか半年で50社を超える顧客を獲得し、黒字化を達成!

お客様の課題
当社が初めてヒアリングをさせていただいた時、監視カメラ自体はプロトタイプが完成していましたが、何をウリにして、どのようなターゲットに対してどのような方法でアプローチをするかは未確定の状況でした。
課題解決プロセス

0.背景

プロジェクトチームは管理者である部長1名と営業担当の課長が1名という少人数の状況で、人海戦術に頼らない、少数精鋭でのプル型戦略を構築する必要がありました。

1.USP(競合優位性)の明確化

価格戦略含め、徹底的に競合との差別化点を洗い出した上で7つの特徴としてまとめました。

2.ターゲット選定とセールスコピー決定

ターゲット戦略を明確にするため、ニーズが顕在化している業種、潜在的なニーズがありそうな業種を分類し、ターゲットごとにセールスコピーを決定しました。

3.ターゲット戦略を明確にするため、ニーズが顕在化している業種、潜在的なニーズがありそうな業種を分類し、ターゲットごとにセールスコピーを決定しました。

セールスコピーと7つの特徴を活用し、WEBサイトとDMに展開。
コミュニケーションツールの制作を行いました。

4.ターゲットの階層分けとプロモーションの実行

旧来の方法ですが、ターゲットごとに見込み度が高い順に階層分けをし、ハイエンドには郵送DMを送付し、ミドルエンドにはFAX DM、ローエンドにはメールDMと、ターゲットごとにコミュニケーション手法を分けて展開し、問い合わせが来るのを待ちました。
反響としては合計30社以上から問い合わせがあり、まずまずの効果を得ることが出来ました。

5.展示会へ出展し、アタックリスト収集

展示会ではとにかく目立ち、来場者の印象に残る必要があるため、コンセプト動画や手配り用のチラシ、ポスターなど、ありとあらゆるコミュニケーションツールを制作し、万全の準備をした上で展示会へ出展しました。
そして、50社以上の名刺を収集し、その後のアウトバウンド営業のおかげもあり、立ち上げからわずか半年間で黒字化を達成することが出来ました。

まとめ
新商品や新サービスの市場導入の成功の秘訣は、やはり最終的には営業力だと言えます。 どんなに優れた戦略や企画、コミュニケーションツールを持ってしても、見込み顧客を獲得することは出来ても、最終的なクロージングまでは出来ません。最後はやはり人対人の営業力が決め手となります。
上記の事例も、施策に対する十分な理解を持った部長様と、見込み顧客様を確実にクロージングする課長様の力なくしては絶対に達成できなかったと思います。
つまりは、営業力に自信のある企業は積極的に新商品や新サービスの開発をすべきであり、それが既存事業の底上げにもつながるため、最も成功率が高い経営戦略であると私どもは考えております。
新商品や新サービスを企画してはいるが、どのように展開すべきか迷っている企業様、お悩み相談だけでも大歓迎です!是非一度お問い合わせください!

閉じる

マーケティング部門と制作部門のアウトソーシング

通販会社の事例

1年間で、前年度平均月商60万円から平均月商150万円に250%成長!

お客様の課題
当社がお手伝いをさせていただくまでは、女性担当者1名で商品管理から受注管理まで行っており、マーケティングやページ制作まで手が回らないという状況でした。
課題解決プロセス

1.プロジェクトチームの結成

まずは店舗管理担当、制作担当、マーケティング担当をそれぞれ1名ずつ選定し、役割を明確にした上でプロジェクトチームを発足しました。

2.年間目標の設定

現状をふまえて、売上目標、粗利目標などのKPI(重要指標目標)と、それを達成するためにどのような行動が必要か、行動計画を明確にしました。

3.行動計画に基づく制作活動とHTMLメルマガなどのプロモーション活動

商品ページやHTMLメルマガなど、毎月定期的に制作するものを決め、制作が完了したら迅速にプロモーション展開というフローを確立し、流入を促進していきました。

4.売上を加速する新商品企画

全く新しい仕入れ商品を増やしていくことは容易ではありませんが、コンセプトごとに既存商品を組み合わせてセット商品を作ることは容易に出来ます。 そこで、自社企画商品を中心に、セット商品を開発し、商品数を増やしていきました。

5.ロングテールによる売上の安定

売れ筋商品が新規顧客を呼び込み、購入後のステップメールで他の商品の購入を促進し、売れ筋ではないニッチ商品も売れてくるという好循環サイクルが確立出来たため、気が付けば平均月商60万円だったのが月商200万円を超える月も出てくるようになりました。

まとめ
制作部門やマーケティング部門のアウトソーシングの最大のメリットは、必要な時に必要に応じて足りない機能を補えるという点だと思います。特に通販会社の場合、商品管理や受注管理のなどの店舗管理に注力しがちで、制作は後回し、マーケティングはもっと後回しという状況がほとんどだと思います。しかしながら、通販で月商100万円の壁を超えるためには、店舗管理、制作、マーケティングは三位一体で、どれか一つが欠けても達成は難しいと言えます。
とはいえ、月商100万円で3名を雇うことは難しいと言わざるを得ません。
そこで活用すべきなのはアウトソーシングであり、費用を抑えて万全な体制づくりが出来るのは最大のメリットであると考えております。
固定費をかけずに最大効果を得たい企業様、大歓迎です!

閉じる

プロモーション活動を加速するストーリーマーケティング

化粧品販売会社の事例

ユーザーシナリオとマーケティングシナリオを活用し、1年間で平均月商30万円から平均月商90万円に300%成長!

お客様の課題
5年前から販売している化粧品で、なかなか新規顧客が獲得できず、売上が伸び悩んでいるという課題をお持ちでした。
課題解決プロセス

1.マーケティングシナリオの再設計

まずはなぜその化粧品が開発されたのか、開発秘話をまとめ、開発ストーリーとしてまとました。そして、どのようなお悩みを持つ方に一番訴求できるのか、ターゲット戦略を明確にし、マーケティングシナリオを設計しました。

2.ユーザーシナリオの設計及びコミュニケーションツールの制作

次に、ターゲットの方に的確にコーポレートメッセージやブランドイメージを伝えるためのコミュニケーションツールを制作しました。
具体的には、ブランドイメージを明確に伝えるために1分間のコンセプトムービーを制作し、開発ストーリーを伝えるための漫画を制作しました。

3.ユーザーの感情に訴える起承転結のストーリーをLPにし、アフィリエイトで展開

世の中には様々なプロモーション手法がありますが、予算をそこまでかけられないため、アフィリエイトを中心としたプロモーションを選択しました。
LPとしては、商品との出会いから購入。使って頂いた後のアフターフォローまでをユーザー目線でストーリー展開し、LPに落とし込み、アフィリエイトで展開しました。

4.コンバージョン率は1%から3%に改善

ストーリーを分かりやすく伝えたことでコンバージョン率(購入率)は3%まで増加し、 新規顧客の売上は3倍になりました。

5.既存顧客への的確なフォローでリピート率も改善

新規顧客の獲得が出来るようになれば、あとは既存顧客のリピート購入をいかに増やすかが課題になります。そこで、初回購入時のお礼状の作成、ステップメールの実施、誕生日ポイントの発行や定期購入顧客へのささやかな誕生日プレゼントの実施など、様々な感動創造施策を実施し、それまで20%だったリピート購入率も40%まで改善することが出来ました。

まとめ
どんな企業でもそうですが、予算には限りがあります。一般的には、広告費や販促費などには予算をかける一方、制作費は抑える企業がほとんどですが、本末転倒だと思います。コンセプトムービーや小冊子など、良いコミュニケーションツールを作れば、良いものを見た方が自然と広めてくださるため、結果として広告費や販促費を抑えることが出来ます。 良いものとは何か?それは企業に眠る独自のコンテンツです。
それを掘り起こし、ストーリーとして編集した上で、最適な方法で発信することが私どもの役目であり、まさに得意分野であると言えます。
御社に眠る財産を、そのまま眠らせておくのはもったいないとは思いませんか?

閉じる